島根県のバスとタクシーの情報をお知らせします。

正式には一般乗用旅客自動車運送事業といいます。
1個の契約により「乗車定員10人以下の自動車」を貸し切って旅客を運送する一般旅客自動車運送事業で、いわゆる個人タクシーと、法人タクシーがあります。

小型タクシー   
  • 乗車人数4名のタクシーです。
    • 駅等いたるところで見かけられ、より気軽にご利用できます。 
中型タクシー   
  • 乗車人数4~5名のタクシーです。
    • ハイグレードの小型車を使用しています。
大型タクシー   
  • 普通車(3ナンバー)のタクシーです。
    • お客様の送迎などに最適です。
特定大型車(ジャンボタクシー)
  • 乗車人数9名のジャンボタクシーです。
    • グループの小旅行や結婚式、宴会などの送迎に便利です。
介護タクシー   
  • タクシー会社が通院・外出時の介助を行っています。
禁煙タクシー   
  • 禁煙マークを車外表示している車両は車内の喫煙が禁止されています。

  • タクシー運賃は、適用する運賃を地域(島根県本土地区・島根県隠岐地区)ごとに定め、公示をしています。
  • 運賃の種類には、タクシーメーター器の表示額により運賃を収受する距離制運賃、実拘束時間に応じて収受する時間制運賃、あらかじめ適用する区間を定めて行う定額運賃の3種類があり、基本的には距離制運賃による運送が一般的です。

自動認可運賃の上限運賃です。

【島根県本土地区】

(1) 運賃および料金の額

  • ●距離制運賃  ●時間距離併用運賃 ●時間制運賃 ●待料金 ●迎車回送料金 ●割増・割引等

  運 賃 車種区分 距離制運賃 時間距離併用制運賃
上限運賃(時速10km以下)
時間制運賃
(上限運賃) 
初乗運賃 加算運賃
特定大型車 1.5km 740円
237m 100円
1分30秒までごとに 
100円
30分までごとに 
4,360円
大型車 1.5km 700円
253m 100円
1分35秒までごとに 
100円
30分までごとに 
4,060円
中型車 1.5km 670円
274m  90円
1分40秒までごとに 
90円
30分までごとに 
3,230円
小型車 1.5km 650円
312m  90円
1分55秒までごとに 
90円
30分までごとに 
3,090円
 運 賃 車種区分 待ち料金
(上限運賃) 
迎車回送料金
 (上限運賃)
運賃等の割増 運賃等の割引 
特定大型車 1分30秒
までごとに 
100円
回送距離が
2km以上
330円
寝台車割増       2割増
深夜早朝割増      2割増
22時から翌朝5時まで 


 
身体障害者割引  1割引
知的障害者割引  1割引
その他割引 事業者の申請による



大型車 1分35秒
までごとに 
100円
回送距離が
2km以上
330円
中型車 1分40秒
までごとに 
90円
回送距離が
2km以上
250円
小型車 1分55秒
までごとに 
90円
回送距離が
2km以上
200円

(2) 適用地域

  • 島根県本土地区全域
【隠岐地区】

(1) 運賃および料金の額  (時間距離併用なし)

  • ●距離制運賃  ●時間制運賃 ●待料金 ●迎車回送料金 ●割増・割引等

  運 賃 車種区分 距離制運賃 時間制運賃
(上限運賃)

 
初乗運賃 加算運賃
特定大型車 1.5km 750円
287m 120円
30分までごとに 
4,230円
大型車 1.5km 690円
296m 120円
30分までごとに 
3,860円
普通車 1.5km 660円
314m 100円
30分までごとに 
3,180円
 運 賃 車種区分 待ち料金
(上限運賃) 
迎車回送料金
 (上限運賃)
運賃等の割増 運賃等の割引 
特定大型車 1分45秒
までごとに 
120円
回送距離が
2km以上
330円
寝台車割増      2割増
深夜早朝割増     2割増
22時から翌朝5時まで 


 
身体障害者割引  1割引
知的障害者割引  1割引
その他割引 事業者の申請による



大型車 1分55秒
までごとに 
120円
回送距離が
2km以上
330円
普通車 1分55秒
までごとに 
100円
回送距離が
2km以上
240円

(2) 適用地域

  • 島根県隠岐郡の区域
自動認可運賃とは?

 自動認可運賃制とは、タクシー運賃の上限運賃と下限運賃を地方運輸局長が認定し、これを公にした運賃制度のことです。 タクシー会社は、設定された自動認可運賃の範囲内であれば、どの運賃でも選択することができます。

時間距離併用制運賃とは?

 時間距離併用制運賃とは、タクシーに乗車中、信号待ちや渋滞等により走行速度が10km/h以下になった場合に適用されます。
 例えば、お客さんが乗車したとたんに交通渋滞に巻き込まれてしまったような場合、初乗距離の1.5kmを超えなくても運賃メーターの金額が加算されることがありますが、これは、走行速度が10km/h以下になった場合の走行時間を、距離に置き換えて計算しているためです。
 この制度は、自家用自動車の普及等により交通混雑が常態化してきたことから、道路混雑地域での乗車拒否の防止、運転者のイライラ解消といった背景もあって、昭和45年から導入されています。